初心者/投資経験3年以下の方は、投資と相場に関することに誤解が多い為、愛好会趣旨を変更し、「家1軒飛ばした方達の相場塾&愛好会」として、
趣旨は、・家1軒ぐらいの金額を飛ばして相場が深くわかっている方達や、・相場リスクを熟知している方達、・今までの相場の損失を他人の責任にしないで、
・自分だけで深くリベンジの決意を固めている方達、・勉強意欲の深い方、・ベテラン達だけで、相場を楽しむという愛好会に変えて行きます。
今後、初心者の面倒を見るのが危険な相場になるからです。勉強嫌い、責任他力本願の方お断り。
kiyoshisantopicをフォローしましょう ← フォロワーになればザラ場中も最新トレード・ツィートがリアルタイムで取得できる。
  こともあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギャラップ調査はすべてのダブルディップ理論を支持します。
【ご注意!! 最近2CHで当サイトの預かり知らぬ妨害宣伝投稿がされているようです。
 こちらはこのブログと自己サイト以外ではご案内は一切しておりません。
 現在弁護士を通じ2CHに調査依頼しております。それらの悪質投稿には注意して下さい。】


 今日 の「NEWきよしさん株専門トピック愛好会」の 掲示板の投稿より

★投稿右の時間を注視し、当日の相場の流れを思い出すと
 とてもよくわかりますよ。
 【記事に付いてる各画像はクリックで拡大します。】



7月に書いた投稿→その後 投稿者: きよしさん 2010年10月15日 08:53:32 No:36637

  7月に書いた投稿のまんま

   ↓

 
相も変らず ラスト30分のPPT 投稿者: きよしさん 2010年7月9日 09:12:20 No:34803

PPT[米国株暴落阻止チーム]

●市場の潤滑化:暴落防止チームによる秘密の価格操縦 Mike Whitney 2007年3月5日


<要旨>
・1987年10月のブラックマンデーの暴落を繰り返さないために、1989年に米国で財務長官、連邦準備委員会議長、証券取引委員会議長、商品先物取引委員会議長、大銀行、ニューヨーク証券取引所、その他の主要な取引所を構成員に含む「暴落防止チーム」が結成された。この「暴落防止チーム」は、株価平均先物を大量に購入することで市場全体を買い支えるという手法で暴落時に介入している。2月27日の暴落の翌日の理由のない奇妙な反騰はこのチームによる介入であったと思われる。

・従来の金融危機は金利引き下げで乗り切ることが出来た。しかし、次の危機はロシアでもアジアでもなく南米でもなく米国自体の弱さに起因するであろう。それ故、危機に際して米国から国外へと資金が流出しドルが下落することになる。米国は単なる金利引き下げでは対処できず、主要国の中央銀行による複雑で迅速な救済処置が必要になるだろう。
・2006年の3月に米国がマネーサプライ指標のM-3の公表を何故か中止したのは、ニューヨーク連銀から株価平均先物買い支えのために資金を投入するとそれがM-3の変動に容易に反映されてしまうからではないだろうか。
・証券取引委員会はヘッジファンドや機関投資家の委託保証金を引き下げることで、この買い支えを容易にしていると思われる。
・現在、8.3兆ドルの現金によってその38倍の313兆ドルの金融派生商品がコントロールされている。これは店頭で購入可能なもののみであり、その他にも75兆ドルの金融派生商品が取り引きされている。暴落による投げ売りが起きたときには、暴落阻止チームや連邦準備委員会にはそれを止めるため出来ることは何もなく、市場は崩壊して何も残らないだろう。

  まだやっている訳だが、そろそろラストに近づいている。



 でっ、 2010年7月9日 → 9500円   2010年7月22日 → 9120円   2010年8月26日 → 8700円




Re: 7月に書いた投稿→その後 投稿者:きよしさん 2010年10月15日 08:55:58 No:36638

<為替> ドル指数が主要通貨バスケットに対して下落し、年初来安値をつけた。シンガポール金融当局はこの日、シンガポールドルの許容変動幅を小幅拡大させた。ただアナリストは、ネガティブセンチメントが非常に強い中、米ドルが反発する可能性が高まっているとみている。

<債券> この日に実施された30年債入札(リオープン=銘柄統合)が不調に終わったことで、国債価格が下落した。また15日に予定されるバーナンキ米連邦準備理事会(FRB)議長の講演を前に警戒感も高まっている。

<株式> 反落して終了した。住宅の差し押さえをめぐる問題が拡大していることで、過去5週間にわたり続いてきた上昇相場が損なわれるのではないかとの懸念が台頭、銀行株を中心に売りが出た。銀行株は住宅差し押さえの問題がクレジット市場や経済全体に広がるとの懸念拡大を受けて3%近く下落した。




Re: 7月に書いた投稿→その後 投稿者:きよしさん 2010年10月15日 10:23:35 No:36639

ドルインデックス・ブル指数 

チャートのサポートラインにはまだ来ていない。しかし過去ブル指数が 6%、3%で 反発しており、

 現在は、3%まで来ている。
と。

ドルインデックスブル指数




Re: 7月に書いた投稿→その後 投稿者:きよしさん 2010年10月15日 12:04:00 No:36640

Gallup Poll Shows Discretionary Spending Backs Double-Dip Theory
ギャラップ調査はすべてのダブルディップ(2番底)理論を支持します。

 米中流層の消費支出 ↓ 2008年の半分

gallup-poll-1014.jpg





Re: 7月に書いた投稿→その後 投稿者:カレー紳士 2010年10月15日 15:00:06 No:36641

2010年 9月からオバマ政権に新しく仲間入りし、
アメリカの消費者金融保護局設立責任者・大統領補佐官・財務長官特別顧問に就任した

エリザベス ウォーレン氏が面白いことを書いています。

アメリカを支えてきた中流階級が崩壊しつつあり、
彼らの収入減且つ消費縮小がアメリカ経済の弱さになると述べています。

以下、要約及び参考文献

<参考文献の要約>

今回の経済停滞はアメリカの中流家庭の崩壊こそが原因の全て。
1970年代以降、上がる事のなかった男性の収入があり、
その一方で保険料やローンの支払いは倍に増えた。
その結果、女性が働きに出ざるを得なくなり、
ダブルインカムを維持するために余計な養育費などの支出を迫られ、
ローンが増え、トータルではどんどん貧困化が進んでいる。


参考文献と記事
ペーパーブック(amazon、英語)
「The Two Income Trap: Why Middle-Class Parents are Going Broke
Elizabeth Warren」
2003年ハーバード大のペーパー(英語)
http://papers.ssrn.com/sol3/papers.cfm?abstract_id=480383

ウォーレン氏の就任記事(ロイター)
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPJAPAN-17295220100917




Re: 7月に書いた投稿→その後 投稿者:きよしさん 2010年10月15日 16:25:14 No:36644

ばかちゅんのきちがいには、とても付いていけません。 陽線の長さから言えばクライマックスだろうが。



 






     11:30過ぎの更新に続く。
 









世界1分主要株価指数リアルタイムチャート
http://wdsp.biz/index.html
夕場 mini ダウ先物 欧州 為替SGX アジア
http://wdsp.biz/2.html
夜間→早朝 ダウ・ナス CME NK先物夕場終値
http://wdsp.biz/3.html




このプログの売り買い速報は、
「NEWきよしさん株専門トピック愛好会」への投稿より、
1時間~2日以上遅れて、中身は10分の1程度で投稿されています。
(^^;)
会員優先せんと


テーマ:最近当たるで有名「清さん専門トピック」です。v(^^) - ジャンル:株式・投資・マネー

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ぼくの簡易相場観・みんなが10億円以上の年金を作る株式愛好会・リアルタイム先物ラジオ実況放送、システムトレードのサイン、MP=マーケットプロファイルやMACD、一目均衡表などの解説も。 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.

相互リンク
今日のトレード成績
(毎日・前/後場更新)
米国型・無人売買システム
- 広告 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。