初心者/投資経験3年以下の方は、投資と相場に関することに誤解が多い為、愛好会趣旨を変更し、「家1軒飛ばした方達の相場塾&愛好会」として、
趣旨は、・家1軒ぐらいの金額を飛ばして相場が深くわかっている方達や、・相場リスクを熟知している方達、・今までの相場の損失を他人の責任にしないで、
・自分だけで深くリベンジの決意を固めている方達、・勉強意欲の深い方、・ベテラン達だけで、相場を楽しむという愛好会に変えて行きます。
今後、初心者の面倒を見るのが危険な相場になるからです。勉強嫌い、責任他力本願の方お断り。
kiyoshisantopicをフォローしましょう ← フォロワーになればザラ場中も最新トレード・ツィートがリアルタイムで取得できる。
  こともあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラッセルが下がり、ダウがまだ下がらないから注意しろ。とは、最後の砦である【株式市場】に資金が回ってきたということ。
【ご注意!! 最近2CHで当サイトの預かり知らぬ妨害宣伝投稿がされているようです。
 こちらはこのブログと自己サイト以外ではご案内は一切しておりません。
 現在弁護士を通じ2CHに調査依頼しております。それらの悪質投稿には注意して下さい。】


 今日 の「NEWきよしさん株専門トピック愛好会」の 掲示板の投稿より

★投稿右の時間を注視し、当日の相場の流れを思い出すと
 とてもよくわかりますよ。
 【記事に付いてる各画像はクリックで拡大します。】


小さい会社と大きい会社 投稿者: きよしさん 2011年1月25日 09:48:14 No:38016

This Week, Keep A Close Eye On The Invisible Correction
Coming off of last week, this is a big theme.

Here's Stan Weinstein's Global Trend Alert

今週、「見えない訂正」に対する近い視線を保ってください
これは先週来ている、大きいテーマです。

スタンウェインスタイン(アナリスト)の世界的な傾向警報は、ここにあります


Even though the Dow closed on Friday (1/21) at yet another new bull market high, we most definitely don't like the short term feel of this tape.

たとえダウがさらにもう一つの新しい強気市場高さで金曜日に閉まった(1/21)としても、我々は最も確かにこのテープの短期「感触」が好きでありません。

Dow vs. the Russell 2000


However, before going further - don't worry, we're not turning negative on the market's longer term outlook, as we still view that as being bullish (and, in a minute, we'll go into detail, and show you why we haven't changed our mind about that trend).
However, as far as the near term action is concerned, all that we've been warning you about is now falling into place. First of all, this latest advance is extremely selective and, in addition, as we said a few weeks ago was likely to happen, many of the big winners of the fourth quarter are now correcting sharply. And, although it's not obvious by looking at the Dow, there's already an invisible correction taking place in plenty of the former leaders.

A perfect example of what's occurring was seen on Friday (1/21), when the Dow rallied to that new high, but the S&P 500 Index (SPX), the NASDAQ Composite Index (COMP), and the Russell 2000 Index (RUT) were all down on the day (with the COMP now down 77 points, while the RUT is down 35 points in just the past few days).

起こっていることの完全な例は金曜日に見られました(1/21)。そのとき、ダウはその新高値のために集まりました、しかし、S&P 500 Index(SPX)、NASDAQ総合指数(COMP)とラッセル2000指数(RUT)のすべては日(現在COMPは77ポイントの下にあって、RUTが下の間、35はまさに過去数日で指します)を嫌っていました。

This action brings to mind a phrase that was often used in the 1960's-70's (but which we never hear anymore), which was that stocks are being distributed under the guise of strength in the Dow. In addition the rotation that we've been warning you to be alert to is also obviously making itself felt, so while we most definitely don't want you to turn negative longer term, we continue to feel that, tactically, you should be less net long than you were a week ago.

This chart of the Dow vs. the Russell 2000 (small caps) is getting a lot of attention.

ダウ対ラッセル2000の(スモールキャピタル)このチャートは、多くの注意を得ています。

Stock Market | Get Alerts for these topics

株式市場 | これらの話題のためにAlertsを得てください



 要はダウ=これは超大型株30銘柄。 と、 

ラッセル2000=これは中小型株2000銘柄と、差が付き過ぎているのはおかしいし、危険だということだが、

 これは現在、日本でもその傾向になっている。

株屋の中には、先週「中小型は下げているが、大型は下げていないから大丈夫だ」と。

 そういう逆理屈をこねているさえいるが。。


 もっと具体的に言うと、過去セオリーとして、相場の天底では、まず中小型株が先行する。 ←これは覚えておく。


 低迷相場が上がりだす時もそうであるし、天井をつけ下がりだす時もそうである。



 何故か?

 低迷時期は、市場に入ってる資金が限られる。そこで資金少なく上がる株が狙われる。こともひとつ。
 そうした株しか上げられない。こともひとつ。 景気の回復は小さい会社に大きく影響を得られるから。もひとつ。
 ここで、ちいさい会社とは中小企業ではない。一応上場している堅実な小さい会社である。

 そうした会社はちょとまとまった受注が来ただけで、もともと仕事量の分母が小さいので大きい率で回復がみられる。からもひとつ。

 建築会社などもそれが顕著である。

 ところが大きい会社は仕事量の分母が大きいので、ちよっと受注が来たぐらいでは回復しない。

 だから大きい会社は景気回復の中期にならないと目に見えての回復がわからない。


 などによる。

 さて、ラッセルが下がり、ダウがまだ下がらないから注意しろ。とは、そういうことでもあるのである。
 
 もう一度 ↓

Dow vs. the Russell 2000



Re: 小さい会社と大きい会社 投稿者:きよしさん 2011年1月25日 09:48:29 No:38017

さて、昨日から言ってますが、節は10370円と10400円。 さらに言えば 10420円。

超えられるのかな?  800枚の買いが来て、800枚の売りが来る。 と  激しいですね。ここからは静観よろし。




Re: 小さい会社と大きい会社 投稿者:きよしさん 2011年1月25日 10:04:25 No:38018

天井をつけ下がりだす時もの解説がなかった。

 簡単である。大型は信用がかなり使われているし機関投資家が大量に保有している。

 中小型は信用があまり使われないので、(大型に比べて)

 下げでは、下値に買いが入らない。と下げがきつくなる。つまり、売りだと少し纏まって枚数が出れば下げがきつくなる。

 大型は買い戻しも多く入るし、比率が大きい機関投資家の保有は一気に大量には出ない。

 業績的にも、中小型会社は、ちょっと受注が減れば比率的に全体からの受注が半減してしまうことも多いが、
 大企業では全体的に一気に大量に受注が減るということは無い。

 在庫でみると、中小型会社は体力的に在庫などは持たない。持てない。持たない生産しかしない。

 大企業は大量に作り出すと、どうしても在庫が出てしまう。 だが体力的に大丈夫なのでそうしている。
 景気回復時には、まず生産より在庫をはくことから始まるので、生産しなくても利益は出てしまう。
 また現在のように、生産を絞っても在庫の販売だけで利益が大きくなって行く。
 現在、大企業決算ほど利益がいいのはそうした理由による。

 ボートはスピードだせば早い旋回も早い。が大波に左右されるし、砲弾一発で沈む。が、

 戦艦は急には曲がれないし、簡単には撃沈しないということである。




Re: 小さい会社と大きい会社 投稿者:自由人 2011年1月25日 11:18:51 No:38019

金・原油市場からの資金流出と株式

金・原油先物市場が売られ、その資金が株式先物市場に回ってきています。

世界的な国債価格の急落を受け、【国債バブル】が崩壊しつつある中、投機資金が金・原油等に回り【商品バブル】を生んでいましたが、
今や、この【金・原油】価格が下落に入り資金流出を招き、最後の砦である【株式市場】に資金が回り、今や壮絶な【株式バブル】を生み出しています。

しかも、この【株式バブル】は≪短期資金≫で株式先物(ETF)を買い上げているもので、
個別銘柄には全く関係なく、買うから上がる・上がるから買う、を繰り返しています。

この【金・原油市場】ですが、【金】を買い上げてきた「金ETF」はそれほどポジションを減らしていないようですが、
底値支持ラインであった一オンス1350ドルを下回ってきた今、
株式市場の「好調」に乗ろうとして一斉に「金ETF」を解約し資金が流出すれば、【金価格】は急落するはずです。

ファンド等は資金集めの為に、今まで必死でこの一オンス1350ドルラインを守ってきていましたが、今回もその守ろうという動きはありましたが、
今やその動きを放棄したように1350ドルを超えていきません。

この動きは【原油】も同様であり、新型油田の開発が進めば、原油価格は急落することになり、
この情報をいち早く入手した大口投機家は徐々に資金を【原油先物】から抜いています。

【金市場・原油市場】にはいまだ強気見通しが多いですが、足元の相場を見れば、今まさに崖っぷちに立たされており、
ここで踏ん張れないと崖から転落することになります。



ということらしいです。




Re: 小さい会社と大きい会社 投稿者:きよしさん 2011年1月25日 11:32:46 No:38020

夕べおかしいんだよね。

 金はもう目先の天井つけているからいいのだが、

 ダウと順相関のオイルが下げていた。 相関関係が崩れて来ている。




Re: 小さい会社と大きい会社 投稿者:自由人 2011年1月25日 11:34:17 No:38021

バルチック海運指標

バルチック海運指標が上昇しない。新興国のバブルが心配されるにもかかわらず、また、商品相場が上昇しているにもかかわらずにである。

今回アルミ・銅・亜鉛・鉛・ニッケルの在庫の様子を見てみた。

2007年当時のような生産のための消費はされていない。生産のための消費は少なく、しかし価格高となっています。

最近ではアルミ・亜鉛・鉛の在庫は今年1月10日過ぎから上昇、LEM銅在庫は昨年12月から上昇、実は4年前から高止まり傾向である。

いつから高止まりと見るか?

アルミ・亜鉛・ニッケルの在庫はリーマン・ショック後、2009年には入り鉛の在庫も上昇。、
銅の在庫はリーマン・ショック後上昇であるが、株価の影響をもろに受けていることがわかる。今現在のLEM銅の在庫は2007年当時の2倍にもなる。

こうみると2007年当時のような生産のための消費はされていない。生産のための消費は少なく、しかし価格高となっています。

アルミ・銅・亜鉛・ニッケル・鉛の在庫ともバルチック海運指標とほぼ同じことを表しているといえそうです。

これだけみると新興国ががんばっても世界景気にあまり影響していないとみえますね(新興国が経済の力があればバルチック海運指標は上昇する)。

バルチック海運指標が反転上昇の兆しが感じられない。もう少し先で株価暴落が待っているように感じる。


ということらしいです。




Re: 小さい会社と大きい会社 投稿者:きよしさん 2011年1月25日 12:16:24 No:38023

今朝、ラジオ実況放送でも話したのだけど、 一般的材料ニュースは、インテルの増配好感だが、

そんなことじゃないね。 これだよ。やはり、↓

>最後の砦である【株式市場】に資金が回り、今や壮絶な【株式バブル】を生み出しています。

 だから、こう言える。 20年以上やってないが ww


_____________(
|                   \
|  //  / ̄ ̄ \ ズン    \乂八    へ           リーチ
|//|  (([]匚●二])) ∧ ズン   | \  | |         \|/
|ゝ| ̄ ̄|7 (((((曰)))))/  ヽ>     |   )  | |\     \   /
| ____  暴落 |=_  )     丿 ι(  ||  |    ― き ―
| |II II II II II|(〇 /◆く丿ヽ/     /     ) | |  |     ― た ―
|()⌒| ̄\/_/へ /        | ι   ( 丿   |      ― ぁ ―
|人(ξ厂1、巛《丿ー′         |  ι   (   //     ― ! ―
|    L「 \      |        |      \/ イ     /   \
|    /|| \◎   || ||\        |         丿人    / |\
|  / || ||  | ̄|  || || |        \           )
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ \        ん
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\  / ____
                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      /
CR暴落、リーチ状態。




 






     11:30過ぎの更新に続く。
 









世界1分主要株価指数リアルタイムチャート
http://wdsp.biz/index.html
夕場 mini ダウ先物 欧州 為替SGX アジア
http://wdsp.biz/2.html
夜間→早朝 ダウ・ナス CME NK先物夕場終値
http://wdsp.biz/3.html




このプログの売り買い速報は、
「NEWきよしさん株専門トピック愛好会」への投稿より、
1時間~2日以上遅れて、中身は10分の1程度で投稿されています。
(^^;)
会員優先せんと

テーマ:ヤフーSBトビで有名だった「清さん専門トピック」です。v(^^) - ジャンル:株式・投資・マネー

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ぼくの簡易相場観・みんなが10億円以上の年金を作る株式愛好会・リアルタイム先物ラジオ実況放送、システムトレードのサイン、MP=マーケットプロファイルやMACD、一目均衡表などの解説も。 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.

相互リンク
今日のトレード成績
(毎日・前/後場更新)
米国型・無人売買システム
- 広告 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。