初心者/投資経験3年以下の方は、投資と相場に関することに誤解が多い為、愛好会趣旨を変更し、「家1軒飛ばした方達の相場塾&愛好会」として、
趣旨は、・家1軒ぐらいの金額を飛ばして相場が深くわかっている方達や、・相場リスクを熟知している方達、・今までの相場の損失を他人の責任にしないで、
・自分だけで深くリベンジの決意を固めている方達、・勉強意欲の深い方、・ベテラン達だけで、相場を楽しむという愛好会に変えて行きます。
今後、初心者の面倒を見るのが危険な相場になるからです。勉強嫌い、責任他力本願の方お断り。
kiyoshisantopicをフォローしましょう ← フォロワーになればザラ場中も最新トレード・ツィートがリアルタイムで取得できる。
  こともあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日から休みのばかちゅんは、 休み中に 利上げの 可能性もある。
【ご注意!! 最近2CHで当サイトの預かり知らぬ妨害宣伝投稿がされているようです。
 こちらはこのブログと自己サイト以外ではご案内は一切しておりません。
 現在弁護士を通じ2CHに調査依頼しております。それらの悪質投稿には注意して下さい。】


 今日 の「NEWきよしさん株専門トピック愛好会」の 掲示板の投稿より

★投稿右の時間を注視し、当日の相場の流れを思い出すと
 とてもよくわかりますよ。
 【記事に付いてる各画像はクリックで拡大します。】


デェフェンスの日 投稿者: きよしさん 2011年2月1日 09:48:28 No:38093

今日は守りの日。 NY夜間もじわじわ上に行っている。

 10300円を抜けると、 10330円はあってもおかしくないと。
 



Re: デェフェンスの日 投稿者:きよしさん 2011年2月1日 10:42:42 No:38094

ユーロが上昇、域内インフレ加速-ドル・円は82円台前半

(2月1日(ブルームバーグ):午前の東京外国為替市場では、ユーロが対ドルで1ユーロ=1.37ドル台に乗せ、前日の安値1.3571ドルから大きく値を戻して推移している。

ユーロ圏のインフレ加速を示す経済指標を受けて、
欧州中央銀行(ECB)の利上げ観測を背景にユーロ買いが進んだ海外市場の流れを引き継いでいる。

上田ハーローのシニアアナリスト、山内俊哉氏は、ユーロ圏の消費者物価指数が2%を上回る伸びとなっており、ECB会合でインフレ抑制に対して「強めのトーン」が示されることを市場が期待している感があると指摘。

この日はドイツの失業者数の発表を控えているが、改善が示されれば、「利上げの機運が高まる可能性がある」
として、ユーロが買われやすい地合いが続くとみている。

 夕べ、米のPMI=シカゴ地区購買部協会景気指数も上昇しているから注意。




Re: デェフェンスの日 投稿者:きよしさん 2011年2月1日 10:46:26 No:38095


 今週はかなりきつい重要に指数発表が続々と。注意週

  



Re: デェフェンスの日 投稿者:きよしさん 2011年2月1日 10:46:59 No:38096


  ↑当然、このアドレスは無料ブログには載せません。




Re: デェフェンスの日 投稿者:きよしさん 2011年2月1日 11:06:09 No:38097

インフレ懸念だと債券は売られる。
インフレ懸念だと長期金利は上昇しますが、それは債券が売られ価格が下落することになる。
債券は「インフレに弱い」という性格を持っています。特に固定利付債券は、利息があらかじめ決められているため、インフレでお金の価値が下がれば、受け取る利息の実質的な購買力も目減りしてしまいます。
また、債券の額面金額についても、インフレが進めば、償還時での実質的価値は目減りすることになるでしょう。

  ので、今日は朝から債券が おおお大きなGDを起こし、まだじり安している


 相変わらず野村はこんなことを言ってるがww 「セカンドライフの資産運用では、債券投資は重要だろう。そのため、金利収入が安定的に得られる債券……」

 さて、向こうの夕べのトップ記事は、

WHERE IS INFLATION HEADED?
31 January 2011 by Cullen Roche 37 Comments


A little over a year ago I said inflation concerns in the USA were blown out of proportion and that we were likely to see an environment of disinflation “with a greater risk of deflation than hyperinflation”. One year later that’s clearly what has occurred in the USA as disinflation ensued. Overall inflation has continued to decline and deflationary fears became so substantial in Q3 2010 that the Fed panicked into implementing QE2. In retrospect, it looks like the Fed jumped the gun as September economic data proved that the summer slowdown and double dip fears were overblown (not that it matters as we remain mired in one continuous balance sheet recession). The good news is we’re not repeating the mistakes of Japan (yet), but we’re also not growing fast enough to meaningfully close the output gap.


インフレ懸念

どこで、インフレーションは先頭にたたれますか?
カレンロシュ37による2011年1月31日は、コメントします


少し1年以上前、私は米国のインフレーション懸念が釣合いを欠いて吹きつけられた、そして、我々が「超インフレより大きなデフレーションの危険性で」インフレ緩和の環境がわかりそうだったと言いました。

1年後に、それは明らかに、インフレ緩和が起こったので、米国で起こったことです。全体的なインフレーションは下がり続けました、そして、デフレ恐れは2010に連邦準備制度理事会がQE2をインプリメントすることにうろたえたように相当になりました。

振り返ってみれば、9月の経済データが夏の減速と倍のディップ懸念が大袈裟である(我々が1つの連続貸借対照表不況で泥でよごされるままで、それが重要であるというわけではありません)ということを証明したので、連邦準備制度理事会が先走りしそうです。

よい知らせは我々が日本(まだ)の間違いを繰り返していないということです、しかし、我々は意味ありげに出力の隙間を閉めるのに十分速くなってもいません。





Re: デェフェンスの日 投稿者:自由人 2011年2月1日 11:27:55 No:38098

バルチック海運指数 1107 ↓-30




Re: デェフェンスの日 投稿者:きよしさん 2011年2月1日 13:20:16 No:38100

ばかちゅん、旧正月休み

「春節」期

2月2日(水)から8日(火))は休場。 今日が最後の商い日。

 休場直前に利上げする可能性があるので注意。




Re: デェフェンスの日 投稿者:自由人 2011年2月1日 19:23:33 No:38101

マイバザールが「100万人の反政府デモ行進」に絡む中東からのツイートをリアルタイムでマッピング中。

http://www.mibazaar.com/egypt.html




Re: デェフェンスの日 投稿者:自由人 2011年2月1日 20:06:54 No:38102

エジプトとかの反政府デモが、何だか知らないけどロシアに飛び火

今度は反プーチンのデモが起きたりして騒擾が広がるかもしれないとのニュース。

ということらしいです。

http://www.msnbc.msn.com/id/41354231/ns/world_news-europe/


Re: デェフェンスの日 投稿者:きよしさん 2011年2月1日 23:19:18 No:38103

明日から休みのばかちゅんは、 休み中に 利上げの 可能性もある。






 









世界1分主要株価指数リアルタイムチャート
http://wdsp.biz/index.html
夕場 mini ダウ先物 欧州 為替SGX アジア
http://wdsp.biz/2.html
夜間→早朝 ダウ・ナス CME NK先物夕場終値
http://wdsp.biz/3.html




このプログの売り買い速報は、
「NEWきよしさん株専門トピック愛好会」への投稿より、
1時間~2日以上遅れて、中身は10分の1程度で投稿されています。
(^^;)
会員優先せんと

テーマ:最近当たるで有名「清さん専門トピック」です。v(^^) - ジャンル:株式・投資・マネー

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ぼくの簡易相場観・みんなが10億円以上の年金を作る株式愛好会・リアルタイム先物ラジオ実況放送、システムトレードのサイン、MP=マーケットプロファイルやMACD、一目均衡表などの解説も。 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.

相互リンク
今日のトレード成績
(毎日・前/後場更新)
米国型・無人売買システム
- 広告 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。