初心者/投資経験3年以下の方は、投資と相場に関することに誤解が多い為、愛好会趣旨を変更し、「家1軒飛ばした方達の相場塾&愛好会」として、
趣旨は、・家1軒ぐらいの金額を飛ばして相場が深くわかっている方達や、・相場リスクを熟知している方達、・今までの相場の損失を他人の責任にしないで、
・自分だけで深くリベンジの決意を固めている方達、・勉強意欲の深い方、・ベテラン達だけで、相場を楽しむという愛好会に変えて行きます。
今後、初心者の面倒を見るのが危険な相場になるからです。勉強嫌い、責任他力本願の方お断り。
kiyoshisantopicをフォローしましょう ← フォロワーになればザラ場中も最新トレード・ツィートがリアルタイムで取得できる。
  こともあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暴落は意外なことから来る時が怖い。
【ご注意!! 最近2CHで当サイトの預かり知らぬ妨害宣伝投稿がされているようです。
 こちらはこのブログと自己サイト以外ではご案内は一切しておりません。
 現在弁護士を通じ2CHに調査依頼しております。それらの悪質投稿には注意して下さい。】


 今日 の「NEWきよしさん株専門トピック愛好会」の 掲示板の投稿より

★投稿右の時間を注視し、当日の相場の流れを思い出すと
 とてもよくわかりますよ。
 【記事に付いてる各画像はクリックで拡大します。】


いよいよ来週 投稿者: きよしさん 2011年10月8日 11:03:19 No:41438


結局、日足的にも、戻り一杯まで行ったようです。


http://www.geocities.jp/kumanoteomotuotokomae/TOP-CL2/1F-WorldC.html


そして、注目は、債券も買い過ぎて下げだしている。 

さらに、ドルインデックスも下げ出しそうだ。


いよいよトリプルダウンによる※※※※がくるかも知れない。


  下手に※※※※※※※※は駄目ですよ。


 そして買い玉の※※※※※※※※※※※※いけない。厳禁。




Re: いよいよ来週 投稿者:きよしさん 2011年10月8日 13:45:41 No:41439

踏み上げ太郎@広瀬氏 も 年に一度 いいことを書く。


どん底時代のスティーブ・ジョブズの思い出 2011年10月06日10:31



ここ数年のスティーブ・ジョブズはiPhoneやiPadなどを次々に成功させ、殆ど神格化された存在でした。

そんなスティーブ・ジョブズにもやることなすこと全て上手く行かない極度のスランプの時期がありました。

僕はたまたま仕事の関係でスティーブがどん底の時期に彼という人物を知るきっかけがあり、
大変強い印象を受けました。

それは1996年から2000年にかけての時期です。

スティーブは1983年に自分が雇ったペプシコーラ出身のジョン・スカリーとソリが合わなくなり、重役会にはかった結果、自分が創業したアップルから追い出されました。

そしてNeXTを創業しますが、1988年に発表したNeXTの黒いPCは高価過ぎて全然売れませんでした。

また映画、『スターウォーズ』シリーズを制作したジョージ・ルーカス監督のインダストリアル・ライト&マジック(=現在のルーカスフィルム)からコンピュータ・グラフィックス部門を買収し、ピクサーと命名し、コンピュータ・グラフィックス専用のハードウェアを発売しますが、これもぜんぜん売れませんでした。

売れないグラフィックス・コンピュータの処置に困ったピクサーの社員が何とか食いつなぐためにCMの映像制作の下請けをしたのが映画製作会社としてのピクサーの始まりだったわけです。

スティーブが僕の勤めていたサンフランシスコの投資銀行、ハンブレクト&クイスト(H&Q)によく遊びに来たのはそんな当時です。

「よお、ビルの親爺、居るか?」と突然、やってきてH&Qの創業者であり会長であるビル・ハンブレクトと歓談してゆきました。

ビル・ハンブレクトはアップルが1980年にIPOしたときのアドバイザーであり、H&Qはモルガン・スタンレーと並んでこのディールの主幹事を務めました。

募集広告ではモルガン・スタンレーが左側(上位)に位置していますが、これは会社の規模がモルガン・スタンレーの方が大きかったからで、もともとスティーブ・ジョブズに上場会社になるときの細かいアドバイスを与えていたのはビル・ハンブレクトでした。

スティーブの意向で「バルジ・ブラケット(大手の意味)証券を噛ませたい」と言われた時、ビルが旧友でモルガン・スタンレーのCEOを務めていたディック・フィッシャーに電話したのです。

そんな事からスティーブはビルのことを父親のように慕っていました。

「ちょっと近所まできたからさ」

そう言ってスティーブが会社に寄るといつもH&Qの社員はスティーブを暖かく迎えました。

でも(本当はスティーブは行き場所が無いんだな)という事はH&Qの社員は皆、ひしひしと感じていました。

つまりNeXTでもピクサーでも仕事が行き詰っており、両社とも「硫黄島玉砕」みたいなギリギリの状態でしたので、心を開いていろいろ相談したり、長期的なハイテク業界の未来について心おきなく語ったりすることが出来る環境ではとてもなかったのです。

スティーブが来ると「じゃ、折角だからサンドイッチを買って、ブラウンバッグ・ランチにしよう」という事で株式営業部員は全員トレーディング・デスクを離れ、会議室でスティーブを囲みました。

僕の仕事はスティーブのサンドイッチを会社の斜向かいにあるサンドイッチ屋、「スペシャルティーズ」から買ってくることです。

「スティーブ、サンドイッチは何にしますか?ターキーですか、ハムですか?」

「パンはホール・ウィートですか、ホワイト・ブレッドですか?」

僕がスティーブ・ジョブズと最初に口を利いたのは、そんなやりとりでした。

スティーブを囲んだブラウンバッグ・ランチはいつも無礼講みたいな感じで活発なテクノロジー談義になり、
スティーブのビジョン、さらに彼の美意識を知る上で大変貴重な経験になりました。

ピクサーに関しては「映画作りでいちばん大切なのは心にグッとくるストーリーだ。
映像が美しいことも大事だけど、コンピュータが可能にする特撮の技巧の虜になってはいけない」という事を強く主張していたのが記憶に残っています。

PCに関しては当時はウインテルの黄金時代でしたので「およそPCで最も付加価値がある部分はマイクロプロセッサーとOSであり、これはインテルとマイクロソフトがおさえている。だからそれらを内製するのは自殺行為だ」という事が世間の常識になっていました。

アップルはその後、NeXTを買い、スティーブは暫定CEOというカタチで1997年からアップルに戻ります。
その時のアップルはどんどんキャッシュを燃焼していて、
「あと何カ月持つかしら?」という状態だったと記憶しています。


「こんなに財務的リソースがカツカツになっているのに、OSからコア・プロセッサーまで全て自前で開発するメリットはどこにあるのですか?」

僕はそういう質問をスティーブにしました。

スティーブの答えは:

「いまはパーソナル・コンピュータには個性は無いけれど、
これはちょうどフォードがモデルTを出した頃の状況と同じさ。つまりクルマに個性が無くても、
ただ庶民に手が届くというだけで十分だったのだ。でもそういう時代はすぐに終わる。」

というものでした。そして:

「次に来るのはね、個性の時代なんだよ。例えばクルマで言えばポルシェとかそういうイメージだ。ポルシェがGMと同じエンジンを搭載していたら、誰も買わないだろう?」

「つまり消費者が思い入れを持ってくれるような狂おしいほど魅力ある、個性的なコンピュータをデザインしようと思えば、全てをコントロールする必要が当然あるのだ!」

その後、アップルは5色のボディカラーをもつiMacを出し、業績を急角度に回復してゆきます。

ある日のミーティングで「そろそろスティーブも暫定CEOというタイトルを単なるCEOにした方がいいんじゃないの?」という声がH&Qの社員の間から上がりました。

でもその時にスティーブは「いや、これはまだ暫定のままでいいんだ」と強く否定しました。

結局、誰からも文句を言わせないだけ十分に実績が出来るまで、スティーブは3年近くも暫定CEOというタイトルを使いました。

その意地になった様子はまるで親と喧嘩して、すねた高校生のように感情が剥き出しでした。

その時、我々H&Qの社員はスティーブがアップルを追い出された時、彼が心に負った傷がどんなに深かったかを思い知ったのです。

どんなに逆境でもプライドを失わず、自分のビジョンを曲げなかったスティーブ・ジョブズですが、ビル・ハンブレクトは自分の投資銀行家としてのキャリアを回顧して次のように語っています。


Quality deals are not measured in size, and only over the long term. Therefore, let us be aggressive in betting on people.

どんなに素晴らしいIPOを手掛けたかは調達金額の大きさでは測れない。そして長い年月を経て初めてそれが良いディールだったかどうか判明する。
だから僕たちは経営者の「人物」にアグレッシブに賭けよう。





Re: いよいよ来週 投稿者:きよしさん 2011年10月8日 13:48:27 No:41440

これも書いている。 ラジオ実況放送でも話しましたが、 

    暴落は意外なことから来る時が怖い。スロバキアとかベルギーとか。。。

 ↓


ベルギーの中堅金融機関、デクシアから預金がどんどん引き出され始め、取り付け騒ぎの様相を呈してきています。




Re: いよいよ来週 投稿者:きよしさん 2011年10月10日 14:16:27 No:41441


欧州金融大手デクシア経営破綻へ 独仏、資本注入を検討

フランスとベルギーに主な経営基盤を置く金融大手デクシアは9日午後、取締役会を開き、両国政府に支援を要請する。公的管理のもとで会社を解体し、優良資産を他社に売る事実上の破綻(はたん)処理に入る見込みだ。ベルギー政府は自国内の資産について、公的資金を注入して一時国有化することも検討する。
 ギリシャの政府債務(借金)危機が起きた昨春以降、欧州の主要金融機関の経営破綻は初めて。公的資金の注入も初となる。



  今、好感しているようだが、今後、キリがない のではないかい?




Re: いよいよ来週 投稿者:きよしさん 2011年10月10日 14:23:48 No:41442


Murakami_Naoki 村上尚己
日経7面欧州「フランス・ベルギー系大手銀行のデクシアは同行を分割・売却する処理を決定する。
株主である両国政府はデクシア支援。預金は全額保護する。
解体と引き換えに政府の支援を受ける初めての大手行」 
この銀行自治体向け融資大手で官業金融肥大化帰結なのかな?でなく他の投資銀行にも波及?








    愛好会入ってね。リアルタイムで見れるよ。

このプログの売り買い速報は、
「NEWきよしさん株専門トピック愛好会」への投稿より、
1時間~2日以上遅れて、中身は10分の1程度で投稿されています。










世界1分主要株価指数リアルタイムチャート
http://wdsp.biz/index.html
夕場 mini ダウ先物 欧州 為替SGX アジア
http://wdsp.biz/2.html
夜間→早朝 ダウ・ナス CME NK先物夕場終値
http://wdsp.biz/3.html




このプログの売り買い速報は、
「NEWきよしさん株専門トピック愛好会」への投稿より、
1時間~2日以上遅れて、中身は10分の1程度で投稿されています。
(^^;)
会員優先せんと

テーマ:ヤフーSBトビで有名だった「清さん専門トピック」です。v(^^) - ジャンル:株式・投資・マネー

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ぼくの簡易相場観・みんなが10億円以上の年金を作る株式愛好会・リアルタイム先物ラジオ実況放送、システムトレードのサイン、MP=マーケットプロファイルやMACD、一目均衡表などの解説も。 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.

相互リンク
今日のトレード成績
(毎日・前/後場更新)
米国型・無人売買システム
- 広告 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。