初心者/投資経験3年以下の方は、投資と相場に関することに誤解が多い為、愛好会趣旨を変更し、「家1軒飛ばした方達の相場塾&愛好会」として、
趣旨は、・家1軒ぐらいの金額を飛ばして相場が深くわかっている方達や、・相場リスクを熟知している方達、・今までの相場の損失を他人の責任にしないで、
・自分だけで深くリベンジの決意を固めている方達、・勉強意欲の深い方、・ベテラン達だけで、相場を楽しむという愛好会に変えて行きます。
今後、初心者の面倒を見るのが危険な相場になるからです。勉強嫌い、責任他力本願の方お断り。
kiyoshisantopicをフォローしましょう ← フォロワーになればザラ場中も最新トレード・ツィートがリアルタイムで取得できる。
  こともあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最高の株式市場の指標($OEXA200R )は48パーセントで
横幅が広い時は、プラウザを最大にすると読みやすいですよ。


      ↓ 金曜日と今日の投稿

Re: 大相場投稿者:きよしさん 2012年11月16日 23:03:35 No:44346

225先物の手口では、UBSが2529枚の買い越し(1268枚売り、3797枚買い)が目立った
ほか、Nエッジ、三菱UFJ、みずほ証券も1000枚超の買い越し。
一方、ゴールドマンが2132枚の売り越し(4392枚売り2260枚買いとなったほか、大和、クレディ・スイ
スが1000枚超の売り越しとなった。TOPIX先物ではクレディ・スイスが5126枚と目立
つ買い越しとなった一方、Nエッジ、ゴールドマン、ドイツ証券が1000枚超の売り越し。



  抵抗ラインにぶつかったので、GS 少し 利食いですね。


Daily OEXA200投稿者: きよしさん 2012年11月19日 01:19:42 No:44350
Best Stock Market Indicator Ever Update:
At 48% and Now Below the Crucial 50% Level
By John F. Carlucci
November 17, 2012
最高の株式市場の指標($OEXA200R )は48パーセントで、[今すぐクルーシャル50%レベル以下
ジョン·F·カールッチによって
2012年11月17日

The $OEXA200R Monthly (the percentage of S&P 100 stocks above their 200 DMA) is a technical indicator available on StockCharts.com used to find the sweet spot time period in the market when you have the best chance of making money. See Is This the Best Stock Market Indicator Ever? for a discussion of this technical tool.
月額$ OEXA200Rは(その200 DMA上記はS&P 100株の割合)で利用可能なテクニカル指標ですStockCharts.comあなたがお金を稼ぐの最善の機会を持っているときに市場のスイートスポットの期間を見つけるために使用される。参照は、これが史上最高の株式市場の指標である?このテクニカルツールの議論について。

下のグラフは、金曜日の終値を流れる電流である。
The charts below are current through Friday's close.
解釈:

OEXA200Rは48%で11ポイント下落の週に終了した(下記参照)重要な50%のレベルを下回るようになりました。

:3つの二次指標の

MACDが負である(赤下黒線)。
スローSTOは(赤下の黒いライン)が負である。
RSIは(下記50)負である。

(彼らは毎日のより短期 ジッターを受けにくいので、私は唯一の毎月のチャートのための3つの二次的なインジケータが表示されます。)

解説

OEXA200R毎月のチャートでは、MACDは下降傾向を続けています。スローSTOは2013年のブレイクアウトのためにコイリングしているように見える、
逆さまに、私はそれを疑う。今の市場は自由落下に残っています。
でも、Appleは2008年1月に不気味に同様の方法で、その200のDMAを下回る、今回は 焼きになった。

Daily OEXA200R past 12 months
Monthly OEXA200R since April 2007

Interpretation:

The OEXA200R ended the week down 11 points at 48% and is now below the crucial 50% level (see below).

Of the three secondary indicators:

MACD is NEGATIVE (black line below red).
Slow STO is NEGATIVE (black line below red).
RSI is is NEGATIVE (below 50).
(I only display the three secondary indicators for the monthly chart since they are less subject to short term jitters than the daily.)

Commentary

On the OEXA200R monthly chart, the MACD continues its downward trend. The Slow Sto seems to be coiling for a break out in 2013; to the upside, I doubt it. Right now the market remains in free fall. Even Apple got baked this time around, falling below its 200 DMA in a manner eerily similar to January 2008.

 

Re: Daily OEXA200投稿者:きよしさん 2012年11月19日 01:24:22 No:44351
Background on How I Use This Indicator

The OEXA200R is a valuable metric used to accurately assess the state of the market in order to make profitable trading decisions. That is, whether we are in a bull, a bear or transitioning from one to the other, as well as market volatility and risk within each of those situations. Historically, it has also given traders a clear early warning signal of impending serious market downturns and later safe re-entry points. While not intended as a day trading tool per se it can certainly be used as background information by day or highly speculative traders. Simply put, the OEXA200R gives traders the ability to identify the most opportune conditions within which to execute their various long, short or hold strategies.

Following a major market correction, the conditions for safe re-entry are when:  

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

私はこの指標を使用する方法に関する背景

OEXA200R正確に有益な取引の意思決定を行うために、市場の状態を評価するために使用される貴重なメトリックです。すなわち、我々は雄牛であるかどうか、熊ですか、それらの状況のそれぞれの中に他のと同様に、市場のボラティリティとリスクに1からの移行。歴史的に、それはまた、トレーダーに差し迫った重大な市場の沈滞と後で安全な再入国ポイントの明確な早期警告信号を与えている。自体日トレーディングツールとして意図されていないがそれは確かに一日か非常に投機的トレーダーによる背景情報として使用することができます。簡単に言えば、OEXA200Rはトレーダーに彼らの様々な長い、短いまたはホールド戦略を実行する中で最も都合の良い条件を識別する機能を提供します。

主要な市場の補正に続いて、安全な再エントリーのための条件は、次のとおりです。

 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

ちなみに、彼もやはりアップルに注目している。 アップルはオシレータが落ちすぎているね。リバ行くよ。



Re: Daily OEXA200投稿者:きよしさん 2012年11月19日 01:35:07 No:44352
ちなみにこれも頭に入れておく、ただこうはならないと思う。 特に日本は安倍 晋三政権さえできれば。



Re: Daily OEXA200投稿者:きよしさん 2012年11月19日 01:55:15 No:44353
米国の下げを予測した OEXA200R が 今度は、上げの条件を書いていますが、

ECRI's weekly leading index は、プラスゾーンにいるので大丈夫でしょうし。こちらもリセッションとは言っていないです。

WLIの前年比成長
別のECRIの解説を契機として、私たちの不況コールがスタンドなぜ、私は今、前年比WLIの成長ではなく、基礎となるWLI(下記文末を参照)からWLIg一連の計算ECRIの以前に好ま方式のスナップショットが含まれています。具体的には、すぐ下のチャートは、WLIの4週間移動平均で前年比の変化である。
景気後退が始まったときに赤のドットが月の前年同期比の値を強調表示します。





過去1年分の期間での 利益累計推移投稿者: きよしさん



      ↓ 下記の図はなんでしょうか?


下記の図は過去1年分の期間での 利益累計推移 で す。





去年は難しい相場でした。でもこういう結果が出せます。

  0円 から 70,000円ですね。これは先物ミ ニ1枚での結果です。

勿論ロスカットも入れています。

先物ミニ1枚の証拠金は今3万円、で10円儲けられると1,000円の実利ですよね。

   10円儲けられると1,000円の実利益で、70,000円儲けられた訳ですから、   言いませんが。

 

いくらになりますか?   すごいでしょ。 

でもすべて成り行きの為、 
そこからスリッページと取引手数料は引いて下さい。約12%+3~4%です。

2ヶ月目にオシレータの大きな変動(株価の急変)があるのが見れます。

が、LCしても、きちんと利益を出 していますね。

どうして、どうやったのでしょうか?


実はこれ、リリース間近の、
実戦的システムトレードソフトでのバツクテスト結果なのです。

上記のように、ほぼドローダウン(損失)はほとんど無く、右肩上がりで推移しています。

 もう私は実戦に入っていますがミニ1枚で同様の成果が出ています。


データはこれだけでなく、1年分の全時価ログと全・約定記録と、

かなり多いですがですが、Excelデータでのテクニカル計算値からなっています。

テクニカルが何を使っているか?組み合わせですがこれは秘密ですが、数式二次方程式を何個か使って います。

でも、コンピュータ(パソコン)ですから、みなさんの見ている証券会社のトレードソフトと同様に瞬時に計算して、
チャートを作っていきます。

マケスピやイートレードなどのリアルタイムチャートのように。

(実際にはコンピュータ内は計算数値表だけです。それでOKでも、

人間的には目で見えるチャートと言 うとわかりやすい)

Excelデータ複数枚でそれをご覧に入れることも出来ます。1年分なのでかなりの行ですが、
カーソルで 下げればすぐ1年間はズラーと見れます。


さて、このメリットは何でしょうか?

それは、外出してても夜間に寝てても自動で 理想的トレードするパソコン自動売買ということです。


とくにこのところ、毎日前場・後場を通して、実質上下30円しか動かない日が多かったりしま す。

動いても、朝から見ていても発注するタイミングが少ない。30円のひどい動き。うまく利食いできて20 円だが、

こういう場合はLCが多いので発注損になります。

欧米が動かないこちらの日中は、ご承知のとおり、かなり動かない状態となってしまっています。

朝、寄付から、今日こそ!と、気合い入れて臨んでいる方も、お疲れ様しかなりません。まったく疲 れます。
画面で動きを凝視していて眼も非常に疲れます。

それもこれも大証が AM 3:00まで延長した結果が、悪い影響となってしまいました。 昼に動かず夜動 く。。


今後ずっとこういう状態が多いでしょうね。しかもさらに深夜延長の話もあるようで す、、、AM5:00

AM5:00ぐらいまでだとNYの引け際までだから、結構動くでしょうね。しかし、

しかし、こうなると、基本、トレードは欧米と同じ時間=夜にやるのがいい、
しかも深夜の方がいいからそうなる。

証券会社のディーラーは3交代だからいいが、(為替なんかはそうです。)


しかし我々は寝なければならない。深夜まで毎日できない。
夜の商売にはできないし、昼仕事のある方 は深夜は眠い。。


____________________________________________________________________________________________________________________________________

そこで良いのは、「パソコンが自動で発注する自動システム」です。

夕場から深夜の動きが大きいので、夕場からだけ動かすだけでも相当取れそうだ。

実は作ってまして、やっと、改修が終わります。今回は改修に1年間かけました。 

「パソコン自動発注する自動システム」


今回制作 が難解で、

(私の希望する修正=つまりオシレータに基づいた理想的テクニカル設定要求が高かった

 すこぶる遅れましたが、いよいよできあがり実戦にも入っていて理想的な動きをだしています。

 ほぼ上記の図と同じです。


自動で発注する。テクニカルに精度がよければ利幅は増える確率が高くなる。

これは、どのようなテクニカルで動かすかが重要です。 

基本テクニカルは、

ラジオ実況放送トレード シグナルメールで『精度が実感』されている、

らずお会員さんたちが頼りにし ている

 『デイトレ基準売買サイン』を組み込んでいるシステムサインです。

 掲示板みていて、売りサイン点灯!とか、 買いサインに転換とか書いてありますね

そ の後その通り動いているでしょう

メリツト

・夜中に寝てても動いている。
・朝起きると儲かっている。場合もある。損してる場合もあるが。と言っておこう
・自動でLCやサインが変われば、ドテン売買もする。
・損失が出る場合はLCで損失をなるべく少なくという設定を心がけている。
・100%は儲からない。相場ですから、だが手動で初心者がやるより良い。
・手動でドタバタやると神経も指も頭も疲れるが、機械は苦もなく素早くやってくれる。
・その素早さはサイン転換時には重要なことだ。それをやってくれる。見てなくても。
・開始は朝から自動起動設定も希望で可能だ。
・動き=値幅の大きい夕場から深夜の動きに対応できる。
・建て玉はテクニカルに基づき自動で立てて行く、枚数限度は自由に決められる。
・その建て玉はAM 3:00 前に、すべて決済し、持ち越すリスクをなくしている。
・パソコンはAM 3:00 過ぎ に自動で終了する。

というものです。

私も、もうそろそろ、これだけにしたいと考えています。


ブログテーマのとおりの「年金づくり」

この楽なシステムを使い、相場が動いていても、「外出したり読書したり買い物に行ったり熟睡したり」と、


経済指数の発表やザラ場の激しい動きに気にすることなく、

のんびり余生は気楽に相場を楽しみながら、少しづつ 「正に日々の年金作り」


____________________________________________________________________________________________________________________________________


ここで、『デイトレ基準売買サイン』自動売買システムを、

オープンでに限定5名で販売を致します。

限定5名と言っても、この相場環境では希望者が来るのは数名の可能性もありますが。

 と、以前愛好会掲示板内で書きましたが、

今回、改修終了が時間がかかってしまったので、

かなり予定オーバーの期間がかかってしまいましたので、
予定数5件の内で、キャンセルの方が出てし まいました。

仕方ないんです。8ヶ月以上お待たせしてしまいましたから。キリンさんになってしまったと思います 。
こちらが悪い。


 そこで、今回再募集致します。 

予定数=これは制作費用なんですね。実質4年作り続けていますから。(プログラム制作会社へ)

 自分ひとりで負担するのはということで限定数だけお分けする訳です。


上記に、バックテストの1年間の結果=実際の成績をグラフ画像で載せましたが、
より詳しい成績と中身をご覧になりたい方は、

ファイルを上げているWebサーバをご案内します。ダウンロードすると、エクセルファイルで、
かなり 詳しいデータが見れます。

プログラマー知ってる人がいたら見せて下さい。 
作れるとは言うでしょうが相当時間と手間=費用 がかかると言うでしょう。また、

 結局どんなテクニカルを使っているかわからないからやはりできないか。。。とも言うでしょう。

  やり始めたらこの費用では出来ない と言われる筈です。

  全く他の仕事をせずこの制作のみに没頭して1年以上はかかります。

  ゆえに、優秀プログラマーの年収以上は間違いなくかかります。

 使うテクニカル+オシレータが重要なんです。

成績グラフ図ももっと大きいのも見れますし、システムオシレータ図や、システムのパソコン画面も 見れますよ。


1年分の約状価格ログとそれを計算しているデータ記録だけでも見応えがあります。

数字みてるとすご いと思いますよ。

 
 バックテストとは、

過去1年間のすべてのリアルタイム約状価格の記録(日に数百件、1年に約30 万件前後

 =の価格ログ(全約状価格記録)を取得し、 

実際にその価格ログを使って、パソコンを動かし、テクニカル を動かし、
実戦的売買シュミレーションを行ったものです。

1年間継続して動かした結果をほぼ同じに適用できます。コンビュータのすごさです。

エクセルファイルで、かなり詳しいテクニカルオシレータ計算データが見れます。計算数字の羅列で すが。。

1年分の約状価格ログとそれを計算しているデータ記録だけでも見応えがあります。

数字計算表をみると ほんとにすごいと思います。

____________________________________________________________________________________________________________________________________


 さて、上記のグラフ図をご覧なられましたら、

 ほぼドローダウン(損失)はほとんど無く、右肩上がりで推移しています。

 これが数年かけた成果です。

このような実戦的システムトレードソフトは無いのではと思います。先物ではないに等しい。


FXにはあります。またレバレッジの大きいFXは業者が強制したりします。強制ロスカットの為に。

FXのは、つまり単なるトレードソフトなのです。だからシステムトレードではあるが、


自分でテクニカ ルなどを設定する。

またFXの自動売買も廉価でありますが、価格が安いのは

=広く販売する=可もなく不可もなくではない でしょうか?

こちらの価格は高いです。(=制作費です)メールでご相談ください。
メールアドレスはらずお会員、 掲示板会員の申し込みをすると返信メール内にございます。
何も会員にならなくてもいいです。メール アドレスだけわかればと。


 というのも不親切なので、最下部に記載しておきましょう。  わからなかったというメールが来てたので。


価格が高いというのは、投資経験が長い、投資資金が余裕がある、

相場や先物がわかっている。 一喜一憂しない。

ということのハードルとしての意味もあります。該当しない場合はご遠慮下さい。


というのは、相場は手動でやってもそうですが、勝利パターンは天気予想とおなじで、


デメリット

例えば10日間(立会い日数2週間)で、動かすと、成績は雨が先に続く日があったりする

○○○×××××○○、と続く時や、××××○○○○○○や、○×○××○×○××や、○○○○○ ○×○○○や、

××××××××○○があったりしますね。 

この××××××××○○に耐えられる胆力がないと自動売買は無理だからです。

儲けている時はいいが、損が増えて行くときに、見ていて、ビビッてしまう方は駄目なのです。

途中ではなく、引けてからの最後の結果が重要なのですから。

つまり、勝率を追求する訳ですが、勝率はある程度の日数が必要なのです。

当日だけでは勝率計算には なりません。

1週間、1ヶ月、3ヶ月、半年、1年。 それで勝率を評価します。最低3ヶ月以上です。

相撲取りの星とり表と同じです。 8勝7敗以上 の勝ち越しを目指すものなのです。

1ヶ月で結果はでますが、初月にマイナスになってもうやらないという資金のない方は駄目です。

愛好会会員は相場は長くやるものと理解しています。システムトレードも上記図のようにです。

最初はたいして儲からないかもしれない。


しかしその継続の累計は増えて行きます。継続が重要。

今はいい環境ですね。証拠金がたった3万円なんですから、

オプションよりも良い。オプションより安全だし

それでも手動で初心者がやるより良い。と思います。みなさんは勝ち越せてますか?

意外と勝ち越せな いですよね。

 ずーーーっと、動かしていれば、ほぼバックテスト通り同じになる筈です。

 
補足

当然ですが、自分の資金枠を考えです。  

 例えば、「1日の発注 ミニ5枚が上限」とか設定できます。

       すると、「最大建て玉 ミニ5枚の範囲で」動いていきます。

この枚数は任意数です。最初は1枚からがいいですね。
欲張らないで 1枚でも0→70,000円ですし。


また、NYの動きが急変してドテンしなくてはならない時は機械は感情がないから早くていいですよ。

人間だと迷うし、指がついて行かない。感情も。

  夜風呂入ってたらNYが急騰してたり暴落してたり対応できない。

そうそう、去年3/15火曜日のザラ場1600円以上下げた東日本大震災の4日後の大暴落時ですけどね、
あれの時は改修中で動かしていなかったですけれど、

今回組み入れるテクニカル=『デイトレ基準売買サイン』は、

マイトレードチャートには入れていて、見ていました。

あれはAM11:10過ぎに 缶のばかが 緊急記者会見で放射能が出たと発言し、暴落開始した訳ですが、

最初少し、次に少しと そして段々暴落という形でしたから、

はっきり『デイトレ基準売買サイン』は とらえられていましたね。


結果、その後1600円以上のザラ場暴落はシステムトレードとして完全にとらえられましたよ。

たった5枚でも動かしてたらどのくらい儲かったろ。

  約1400円×5=7000円のほぼ往復か。ミニ10円で1000円の儲けだから。。。


重要なのは、どんなテクニカルやオシレータを使っているかなんです。勿論組み合わせですが。

システム的に動かすのはそんなに難しくはない。


ただそのテクニカルに添った発注をさせるの はやや難しい。

では、ご連絡お待ちしています。



 というのも不親切なので、記載しておきます。 お問い合わせはコチラ



PS

今後は、すべてを計算と発注をサーバー上でやる。パソコンは使わない。

=IDとパスワードで、サーバー内の個人個人の枠内の発注を管理する。個人個人のプログ管理のよ うに。

=パソコン要らない。回線いらない。

 IDとパスワードでログインする。→スマホで外出時も、発注状態が見れる。という形にしたいと 予定しています。

技術的には簡単、プログラム的には簡易化。システム的には安定化がはかれます。

あとは手間と日数と資金の問題だけ。です。自分ひとりで負担するのはということで限定数だけお分けする訳です。





WDSP 世界主要株価指数
リアルタイムチャート


NYのプログラム変更で、データ取得ができなくなった為、
2008年からご愛顧戴きましたが11月末で終わります。
ありがとうございました。



テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ぼくの簡易相場観・みんなが10億円以上の年金を作る株式愛好会・リアルタイム先物ラジオ実況放送、システムトレードのサイン、MP=マーケットプロファイルやMACD、一目均衡表などの解説も。 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.

相互リンク
今日のトレード成績
(毎日・前/後場更新)
米国型・無人売買システム
- 広告 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。