初心者/投資経験3年以下の方は、投資と相場に関することに誤解が多い為、愛好会趣旨を変更し、「家1軒飛ばした方達の相場塾&愛好会」として、
趣旨は、・家1軒ぐらいの金額を飛ばして相場が深くわかっている方達や、・相場リスクを熟知している方達、・今までの相場の損失を他人の責任にしないで、
・自分だけで深くリベンジの決意を固めている方達、・勉強意欲の深い方、・ベテラン達だけで、相場を楽しむという愛好会に変えて行きます。
今後、初心者の面倒を見るのが危険な相場になるからです。勉強嫌い、責任他力本願の方お断り。
kiyoshisantopicをフォローしましょう ← フォロワーになればザラ場中も最新トレード・ツィートがリアルタイムで取得できる。
  こともあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FRBの QE 政策も 根本的 改善は できていなかった。 これに気づく人が多くなれば………。

横幅が広い時は、プラウザを最大にすると読みやすいですよ。

最近、このプログFC2を  Google Chrome(グーグルクローム)ブラウザで表示するとこういう表示が出ます。

imageGoogleChrome.gif 

少しすると投稿文が隠れてしまいます。

これは、FC2が海外サーバーだからですが、いちいち「原文のぺージを表示」を押す のが面倒な方は、

Internet Explorer (インターネット エクスプローラー)にすると、出なくなります。よ。


      ↓ 昨日、日曜日の投稿



最後の40分には大きなselloff投稿者: きよしさん 2013年6月2日 20:54:00 No:45666

最後の40分には大きなselloff ということで、ダウ 
-208ドル


いくら深夜 3時までになっても、 最後の40分に大きなselloff では対応できないよお。

特に 引け際 15分の、 15分足

 

Re: 最後の40分には大きなselloff投稿者:きよしさん 2013年6月2日 20:56:08 No:45667
かつ、 らずおでも 少し言いましたが 実は 改善されていない このレシオ




Re: 最後の40分には大きなselloff投稿者:きよしさん 2013年6月2日 21:08:07 No:45668
住宅市場と普通株の急騰する価格にもかかわらず、個人消費支出は縮んでいます。

そして、2009年9月からその最大の毎月の低下を登録します。 全く簡単に、富裕効果は衰えていく収入によって議論の余地があるようになります。

ここ数十年間には、これは米国の不況の間だけ、起こりました。 特に、GDPと仕事のためのデータとは異なり、事実のずいぶん後に、輸入データは、実質的には修正されません。
いくつかは、インフレが大量の量的緩和にもかかわらず上向くことができなかったことに驚きます。 説明は単純です: 不況は、インフレを殺します。

解説は、私は、より詳細に説明してきました最新の個人消費支出(PCE)デフレーターの簡単な議論含むここに。
また、約3年前にポスト不況のピーク以来米国の輸入の収縮の実例が含まれています。

論評は、鋭い観察で終わります:
肝心な点: 需要は落ちています、そして、デフレーションは2009年以降いつでもより間近です。




  FRBの QE 政策も 根本的 改善は できていなかった。 これに気づく人が多くなれば………。 



Re: 最後の40分には大きなselloff投稿者:きよしさん 2013年6月2日 21:11:50 No:45669
少しづつ、 こういう 意見が出て来た。


ダチョウの勝利は 'ダチョウの投資マネージャーがそれを殺してきたグローバル市場での現在の状況を指します。ダチョウは、危険の兆候で、砂の中に頭を棒ことを思い出して、
おそらくダチョウは、それが危険を見ていない場合、それが存在しないことを知覚する。同様に、ダチョウのマネージャーは、これらのリスクが自分の時計で実現しないとは思いますが、市場リスクのあらゆる兆候を無視する。


風には注意して投げることは非常に有益であった - これまで。歴史が任意のガイドである場合でも、はるかに慎重な姿勢を取ることを検討する投資家のための多くの理由があります




Re: 最後の40分には大きなselloff投稿者:きよしさん 2013年6月2日 21:13:33 No:45670
ますます高い株価用ブル牛ケースは常に論理誤謬に基づいて構築されています。


砂の彼らの要塞を構築し、これらの子供たちのように、良い時間が過信を構築する方法があります。



Re: 最後の40分には大きなselloff投稿者:きよしさん 2013年6月2日 21:27:05 No:45671
就業率 の 図の解説 (さらに1時間1000円以下の時給を注意。


これでは消費が盛り上がらず、輸入低下もうなずける。と。(注 ⇒ 米国小売商品のほとんどは海外生産)

つまり、


米国全体的な 好景気感は、株価の上昇と かけ離れている。 と。

インフレ(好景気)にならず、デフレ傾向は続いている。と。

砂上の楼閣に 気づく時………。


_____________________________________________________________

この市場は2000年のようなものではありません!

あなたは市場が今どれだけ驚くべき実現する必要があります

'心配の壁'はすべてノックダウンされました。

市場のための次の停留所は、単純に高くなっています。

この市場は止められないです。

私は30年後にはこのような市場を見ていない。

これらは、私はどちらかだけで過去の月に、読んだり、聞いたことがあるすべてのものだった。私も理由として記事を読んでこの時間は違います-本当に!

ここでは一瞬考えるように興味深い統計がある。

株式市場における現在の上昇は、株式市場の歴史の中で最長の期間であり、190以上の取引日のために中断されないてしまった。

企業利益はピークに達したことがあります  今は と ↓




Re: 最後の40分には大きなselloff投稿者:きよしさん 2013年6月2日 21:31:24 No:45672

でも、 ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※   って行く。 



Re: 最後の40分には大きなselloff投稿者:きよしさん 2013年6月2日 23:35:37 No:45673

 ↑当然、ココは無料ブログには※※※※です。為念



  まだ、先日予告した本当の米国の景気資料は出していない。暴落したらだそうかな?







いい相場になって来ていますね。今年はもっともっといい相場になると思います。

掲示板にも書いてますが、10年ぶり以上の、そう、、バブル期のような、

でも、「良いバブル」相場になりますよ。 さて・・・それで

過去1年 分の期間での 利益累計推移投稿者: きよしさん

      ↓ 下記の図はなんでしょ うか?

下記の図は過去1年分の期間での 利益累計推移  で す。

去年の「NEWシステム君」バージョン




去年は難しい相場でした。でもこういう結果が出せます。



 「NEWシステム君」限定数終了しました。 お問い合わせはコチラ







テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ぼくの簡易相場観・みんなが10億円以上の年金を作る株式愛好会・リアルタイム先物ラジオ実況放送、システムトレードのサイン、MP=マーケットプロファイルやMACD、一目均衡表などの解説も。 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.

相互リンク
今日のトレード成績
(毎日・前/後場更新)
米国型・無人売買システム
- 広告 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。