初心者/投資経験3年以下の方は、投資と相場に関することに誤解が多い為、愛好会趣旨を変更し、「家1軒飛ばした方達の相場塾&愛好会」として、
趣旨は、・家1軒ぐらいの金額を飛ばして相場が深くわかっている方達や、・相場リスクを熟知している方達、・今までの相場の損失を他人の責任にしないで、
・自分だけで深くリベンジの決意を固めている方達、・勉強意欲の深い方、・ベテラン達だけで、相場を楽しむという愛好会に変えて行きます。
今後、初心者の面倒を見るのが危険な相場になるからです。勉強嫌い、責任他力本願の方お断り。
kiyoshisantopicをフォローしましょう ← フォロワーになればザラ場中も最新トレード・ツィートがリアルタイムで取得できる。
  こともあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
下げたのはダウだけ。

横幅が広い時は、プラウザを最大にすると読みやすいですよ。

最近、このプログFC2を  Google Chrome(グーグルクローム)ブラウザで表示するとこういう表示が出ます。

imageGoogleChrome.gif 

少しすると投稿文が隠れてしまいます。

これは、FC2が海外サーバーだからですが、いちいち「原文のぺージを表示」を押す のが面倒な方は、

Internet Explorer (インターネット エクスプローラー)にすると、出なくなります。よ。


      ↓ 土日の投稿


ダウは下げたが、円安方向へ投稿者: きよしさん 2013年9月21日 05:48:08 No:46487
ダウ -185

連銀総裁が10月緩和縮小の可能性を示唆 (05:07)

セントルイス連銀のブラード総裁が緩和縮小を見送ったことについて、ぎりぎりの判断だったと説明し、10月の会合で「小規模な」緩和縮小を決定する可能性もあると話したことが下げの原因となった。
 
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MTFAG66K50YC01.html



   ただ。円は円安方向に来ている。チャートも。

    http://finviz.com/※※※※※※※※※※※


20日のニューヨーク外国為替市場ではドルが主要16通貨の大半に対して上昇。

JPモルガンのJPモルガン・プライベート・バンクでグローバル通貨ストラテジストのサラ・イエイツ氏は、
「緩和策の縮小が近づいてはいるが、市場が考えていたほど早期ではないということだ」と述べ、「引き続きドルは円やスイス・フランといった他国の通貨に対して上昇するとみている」と続けた。



   でも、2日連続の下げはまずい。月曜日戻せないと。。

 

Re: ダウは下げたが、円安方向へ投稿者:きよしさん 2013年9月21日 06:00:27 No:46488
  上記 図 解説

金利の抵抗は効いている。 抵抗ラインはしっかりしている。   抜けると金利上昇方向

     円は 下へ行くと 円安方向。  これも抵抗ラインで 返している。

  ドルインデックスは下げ過ぎたので、反発方向へ = ドル高/円安


   月曜日のNYが、現地時間 昼過ぎまでに戻していけるなら問題はないが。。。昼ごろ下げるときけん

 


  こちらは、60分足 MACDは まだプラスゾーンを維持している。



Re: ダウは下げたが、円安方向へ投稿者:きよしさん 2013年9月21日 17:24:44 No:46489
先に米NY連銀、次にセントルイス連銀で2段下げ ↓


米NY連銀、リバースレポを来週から試験実施 出口へ備え
2013年 09月 21日 02:55
[20日 ロイター] - 米ニューヨーク連銀は20日、固定金利・金額無制限の翌日物リバースレポ・ファシリティーを来週から試験実施すると発表した。短期金利をより適切に誘導するため新たなツールを試験的に運用し、超低金利政策からの出口局面に備える。

リバースレポでは、FRBが保有する財務省証券を買い戻し条件付きで銀行や大手マネー・マーケット・ファンド(MMF)などに売却し、金融システムから一時的に資金を吸収する。FRBはインセンティブとして、銀行などに翌日物金利を支払う。

ニューヨーク連銀はこの翌日物金利を当初1ベーシスポイント(bp)に設定するとした。
また、リバースレポは23日の週から毎日実施し、2014年1月29日まで続ける可能性があるとした。

発表を受け、米債券市場では短期債に若干の売りが出て、6カ月物短期証券(Tビル) の利回りは5bpと、前日の3.5bpから上昇した。
ただ、リバースレポの導入が当分先になる公算が大きいことを踏まえると市場の懸念は恐らく誇張されているとの声も上がっている。

FRBがリバースレポの導入を検討していることは、前月公表された7月FOMCの議事録で明らかになった。
金利先物市場では現在、FRBがフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標引き上げに踏み切るのは2015年以降と予想されている。


   ただ業績相場は金利が上がりながら上昇する訳で、セオリーなんだけどね。 先日のFOMC結果からの意外性はあった。

   だが、FOMC結果で、1日しか上がらないので、「おかしいな?」とは思っていた。


   ナスがまったく 下げてないのには驚く。 -14

   
 


 騰落銘柄数は、NYSEが836対2172、ナスダックは1191対1364だった。



Re: ダウは下げたが、円安方向へ投稿者:きよしさん 2013年9月23日 02:22:01 No:46490
縦軸 左が金利、 右がSP500


 時として、金利上昇に株価が反応しなく、いや逆反応しているのがわかる。驚くことに。

 それを今までは、ものともしない資金が流入していたということだが、




Re: ダウは下げたが、円安方向へ投稿者:きよしさん 2013年9月23日 02:29:28 No:46491

一番上の、米国債10年ものを 上下さかさまにしてみた





Re: ダウは下げたが、円安方向へ投稿者:きよしさん 2013年9月23日 02:34:02 No:46492
ダウ -185 ほどに、債券もドルも反応してないのが、いちばん上のチャートでもわかるが。


Re: ダウは下げたが、円安方向へ投稿者:きよしさん 2013年9月23日 17:47:42 No:46497
日証協が8月上旬、証券会社128社に問い合わせたところ、9月末までの見込みも含めた予約件数は322万件。
稲野会長は「期待していたよりも順調に進んでおり、浸透度は高まっている」と評価した。
野村アセットマネジメントは、NISAの潜在的な利用者は1600万人程度いると推計している。



今現在322万件どころではないらしいですね。直近では、大手いち証券会社だけで100万を超えているらしい。

 これに投信を推進する 全国の銀行窓口販売と外回り営業たちの数字が入ってくる。上記は集計にそれが入っていない。

 メガバンクの窓口販売と外回り営業たちの力はすごいものがある。

 投資信託資金に 相当な数の、タンス預金が 雪崩れ込んで来そうだ。

 先日の「東京オリンピック」w と名前がついた投信は 初日即完売だ。 老人たちに売りやすい。

 これは銀行にとって、大きな手数料収入となる。それが半年ごと、満期にも入って来る。こんなおいしい商売は見過ごさない。



現在、為替 98.95円 だが、NK-CFD 14740円 ダウ先物 +62 英-1 仏 +10 +19 伊+31
ばかちゅんちょん +29、+3、香港 -130 台湾 +83




Re: ダウは下げたが、円安方向へ投稿者:きよしさん 2013年9月23日 18:01:35 No:46498
日本の投信業界の「高コスト投信」を「回転売買させる」という悪しき商慣行を封じるために、金融庁はあえて、NISA口座内で売却した分の非課税枠が消えてしまう仕組みにした


私が昨年参加した金融庁のブロガー向け意見交換会(該当記事)では、担当者が「証券会社や銀行に回転売買はさせない」と明言していました。また、今年3月に竹川美奈子氏が開催した、金融庁の担当者を交えての勉強会では、金融庁の担当者が「日本の投信の平均保有期間が2.1年と短期保有に偏っているのを少しでも改善したい」と言っていました。

投信業界の回転売買に対する、金融庁の並々ならぬ意気込みを感じました。まさに、「金融庁 vs 投信業界」の構図です。
http://blogos.com/article/70483/?axis=g:0

 これは我々や、マーケットにとっては、良いことだ。







いい相場になって来ていますね。今年はもっともっといい相場になると思います。

掲示板にも書いてますが、10年ぶり以上の、そう、、バブル期のような、

でも、「良いバブル」相場になりますよ。 さて・・・それで

過去1年分の期間での 利益累計推移投稿者: きよしさん

      ↓ 下記の図はなんでしょうか?


system201404.jpg

さらに下記の図は過去1年分の期間での 利益累計推移 で す。

去年の「NEWシステム君」バージョン




去年は難しい相場でした。でもこういう結果が出せます。



 「NEWシステム君」限定数終了しました。 お問い合わせはコチラ







テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ぼくの簡易相場観・みんなが10億円以上の年金を作る株式愛好会・リアルタイム先物ラジオ実況放送、システムトレードのサイン、MP=マーケットプロファイルやMACD、一目均衡表などの解説も。 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.

相互リンク
今日のトレード成績
(毎日・前/後場更新)
米国型・無人売買システム
- 広告 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。