初心者/投資経験3年以下の方は、投資と相場に関することに誤解が多い為、愛好会趣旨を変更し、「家1軒飛ばした方達の相場塾&愛好会」として、
趣旨は、・家1軒ぐらいの金額を飛ばして相場が深くわかっている方達や、・相場リスクを熟知している方達、・今までの相場の損失を他人の責任にしないで、
・自分だけで深くリベンジの決意を固めている方達、・勉強意欲の深い方、・ベテラン達だけで、相場を楽しむという愛好会に変えて行きます。
今後、初心者の面倒を見るのが危険な相場になるからです。勉強嫌い、責任他力本願の方お断り。
kiyoshisantopicをフォローしましょう ← フォロワーになればザラ場中も最新トレード・ツィートがリアルタイムで取得できる。
  こともあります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
100年に一度というスケールの、ドラスティックな変化が起きようとしている

横幅が広い時は、プラウザを最大にすると読みやすいですよ。

最近、このプログFC2を  Google Chrome(グーグルクローム)ブラウザで表示するとこういう表示が出ます。

imageGoogleChrome.gif 

少しすると投稿文が隠れてしまいます。

これは、FC2が海外サーバーだからですが、いちいち「原文のぺージを表示」を押す のが面倒な方は、

Internet Explorer (インターネット エクスプローラー)にすると、出なくなります。よ。


     ↓ 隣りの重要な掲示板の投稿  (公開はめずらしい)


「人生最後で最大の大上昇相場」が開始されます。この上昇は半年続き、アベノミクスの第一波動の上昇より、大きい上昇が来る筈です。投稿者: きよしさん 2013年11月16日 23:09:27 No:2208

一番値幅の大きい雄大な第二波動が、今週スタートしました。


いよいよ、ずーっと話して来ていた「人生最後で最大の大上昇相場」が開始されます。


この上昇は半年続き、アベノミクスの第一波動の上昇より、大きい上昇が来る筈です。


長期トレンドは、「ギャンの理論」によっても、古今東西の相場歴史によっても、

第二波動が、「一番、安定期的で、かつ大きい」と証明されています。



日本の強力な上昇が、これから再び起きる可能性があるということだ。
2013年11月15日金曜日



ついにブレイクアウト、再注目の日本株

大胆な金融政策というアベノミクスの第一本目の矢が、来年4月から6月の四半期に再度放たれることになりそうだ。目的は二つある。

①消費税引き上げによる悪影響のオフセット。
②インフレ率2%達成に向けての後押し。-- ゴールドマン・サックス

日経225が、5月から形成されていた三角形から上放れた。
これが意味することは、三角形を形成する前に展開された強力な上昇が、これから再び起きる可能性があるということだ。-- ジェシー ・コロンボ氏(経済アナリスト)
下は日経225インデックスファンドの週足チャートだ。

目立つ長いローソク足を形成し、三角形の上辺を大きく突破している。取引終了まで、あと1時間半ほど残っているから、今週の出来高は通常以上の量になることだろう。


話を一番上にのせたゴールドマン・サックスのコメントに戻そう。

一本目の矢が再び来年放たれる可能性があるということだが、実際にはどんなことが実施されるのだろうか?コメントの続きを見てみよう。

日銀が何を実施するかについては意見が分かれている。先ず考えられることは、期限の長い国債を買うこと。

しかし、日銀は新しく発行された国債の70%を既に購入していることを考えると、これ以上の国債買いは人々から懐疑的な目で見られることになる。

もし国債を買わないのなら、
日銀はリスクの高いアセット、たとえばETF、不動産投資信託、場合によっては個別株の買いを実施することだろう


出来高が少ないので、米国に上場されている日本株の多くは短期トレードには不向きだが、トレーダーたちに情報を配信しているサイトiBankCoinは、今朝こんなことを書いている。


突然、金融株と日本が再びホットになった。理屈で行けば、こんな状況では三菱UFJファイナンシャル・グループが恩恵を受ける筈だ。

日本の株式指数、日本株専門のETF、それに米国に上場されている日本株の多くが三角形を形成しており、
三菱UFJファイナンシャルにも同様な様子を見ることができる。ホンダにも注目だ。

米国のトレーダーたちをツイッターでフォローしているが、アベノミクスが話題になることはあっても、日本の個別株が話題になることは滅多にない。

しかし三角形の上辺突破で、日本株に目が再び向いたようだ。


 

Re: 「人生最後で最大の大上昇相場」が開始されます。この上昇は半年続き、アベノミクスの第一波動の上昇より、大きい上昇が来る筈です。投稿者:きよしさん 2013年11月18日 14:34:35 No:2209
空前絶後の株安(マイナスのバブル)の是正


第二のプラスアルファ要因は、日本株の割安さの度合が古今東西、史上空前であるが、これが是正されるということである。現在、日本株式の益回りは7%。つまり100円の株で7円の利益を上げている(配当だけで1.5円程度)一方、100円で債券を買ったら利回りは0.8%、80銭、両者には8倍もの開きがある。

言うまでもなく預貯金の利回りはゼロ、にもかかわらず、これまで日本では株にお金が向かわなかった。それが是正される大きなうねりが起きつつある。配当利回り2%、借金コスト0%という現実はレバレッジ50倍で日本株を買えば、1年の配当収入で投資元本が100%回収できるという、好投資環境。先ず、ヘッジファンドのポジションが巨額につみあがるだろう。


米国国益、日本たたきから日本経済強化へ

第三のプラスアルファ要因は「地政学」である。バブル崩壊後23年間に及ぶ日本の長期停滞の根本的要因は、米国による“日本封じ込め策”である。日本の1990年までの繁栄、自動車やエレクトロニクスなど著しい産業競争力の向上は、米国発技術の導入改善と米国市場における顕著なシェア獲得によって可能となった。しかし日本のそうしたオーバープレゼンスは覇権国である米国の産業基盤を脅かし、米国国益を損なうものとなった。このためジャパン・バッシングが起きて叩かれた。
貿易摩擦、超円高等々。それが今、反転しているのである。

なぜなら、日本経済の復活がアメリカの国益にとって決定的に重要だから。これ以上、日本が弱くなったらアジア全域が中国の支配下に入ってしまう。
強い日本経済こそがアジアにおいて中国を封じ込め、アメリカのプレゼンスを維持することができる。

つまり、日本経済に対する地政学的な逆風が順風に変わったのである。


このように、いよいよ世界経済の繁栄と日本一人負けの是正が同時進行する局面に入った。

日本株が力強く上昇する条件がそろい、

100年に一度というスケールの、ドラスティックな変化が起きようとしている、と考えられるのである。


武者陵司



Re: 「人生最後で最大の大上昇相場」が開始されます。この上昇は半年続き、アベノミクスの第一波動の上昇より、大きい上昇が来る筈です。投稿者:きよしさん 2013年11月18日 17:20:57 No:2210

米国株の長期停滞後の史上最高値更新は滅多に起きることではない。

1954年、1982年のそれはその後の経済繁栄の先駆けであった。今回もそうなる可能性が十分に考えられる

つまり、現在の世界的な株価上昇は、バブルやマネーゲームではなく、極めて堅固な企業実態に根差していると言える。

日本株式も、昨年11月から始まった長期上昇相場の第二波に入った様相である。

それはリーマン・ショック後の危機の時代を抜け、世界経済が米独日など先進国主導の新たな繁栄の時代に入っている可能性を示唆する。

共通項はFRB、ECB、日銀の歩をそろえたQE(従来の常識を超える超金融緩和)である。


日本株式は2012年11月後半から2013年5月までの8割上昇に続く、

第二弾の上昇波に入ったとみるべきであろう


アベノミクスによる「超円高」「長期デフレ」からの脱却により、

2014年には日経平均は2万円超に上昇し、


さらにその先のインフレの定着と改革の進展により、

2020年東京五輪の頃には4万円、史上最高値更新の展望が開けてくるだろう。



二つの理由がある。その第一、米独株式の史上最高値の更新は世界経済の新たな繁栄の織り込みを示唆していること(QEが推進力になる)、

第二の理由は「日本株に存在する、前例のないプラスアルファ上昇要因」の顕在化により、日本株の著しい劣後が是正されるとみられること、である。



 


  報道されていないが、イエレンは、先日の公聴会で、

 「米国の失業率は7.3%ではなく、実質的には9%台だ。」と言っている。


   つまり、イエレンは冷静で、 景気の弱さを認識している。 市場が心配する 金融緩和縮小は無い!!


いい相場になって来ていますね。もっともっといい相場になると思います。

掲示板にも書いてますが、10年ぶり以上の、そう、、バブル期のような、

でも、「良いバブル」相場になりますよ。 さて・・・それで

電子図書にしようと していましたが、もう間に合いません。>★数十億の利益をなしたBNF君の投資方法を、先物で応用する『最高最良のトレード方法』
投稿者: きよしさん

    

投稿者: きよしさん 2013年11月18日 17:55:11 No:2212
一番値幅の大きい雄大な第二波動が、先週スタートしました。

いよいよ、ずーっと話して来ていた「人生最後で最大の大上昇相場」が開始されます。


この上昇は半年続き、アベノミクスの第一波動の上昇より、大きい上昇が来る筈です


長期トレンドは、「ギャンの理論」によっても、古今東西の相場歴史によっても、

3波動のうち (+ 4番目もありえる)

第二波動が、「一番、安定期的で、かつ大きい」と証明されています。


 チャンスです。機会です。


アベノミクスの第一波動の上昇では、メルセデスベンツがよく売れた。
個別銘柄でこの第一波動の上げで儲けた人が多かったが、今度はこれを上回ると予想する。


ここで、今まで話していなかった『最高最良のトレード方法・教本』をいよいよ開示しようと思います。


それは、初心者にもできる、素人も可能、難しくない。

上昇相場だからこそできうる方法だからです。


 つまり安定した上昇相場でなくてはできません。

その為、 「機会はまれ」
 なのです。


 かつ方法は、いくつかの箇条書きを忠実に実行するだけです。


・ややこしいオシレータ分析やテクニカル、がわからなくてもできる。


・ややこしいオシレータ分析やテクニカルは不要である。

・そのかわり、『BUY、SELL を出す・先物売買オシレータプログラム 』を提供します。

 これがあれば売買の目安がわかります。


・早いほうが良い

・年内が良い (これでも遅いぐらいだ)

・作業は、簡単

・作業は、1週間に 1~2度程度(2度はまれ)

・来年5月には、日経平均は、22000円に到達する。 (23000円を超える可能性も大)


・この7000円幅を取りに行く。(11/15 日経先物引け 15290円)


・7000円幅は、先物ミニなら、1枚で70万円、先物ラージなら、1枚で700万円である。

  (途中、利食い押し目買戻しも入るので、この1.3倍と予想する。)




 先物は、銘柄選択の面倒さが無く、また個別銘柄は第二波動の天井より早めに天井を打つ

 個別銘柄は資金も多くかかるし、循環があり⇒(個別銘柄は効率が悪い)


 先物ミニは5万円程度の証拠金で良い。(2013/11/16現在)


◎上記の今まで話していなかった『最高最良のトレード方法』は、非常に簡単であり、

 トレードノウハウ教材としては、簡単すぎてPRするにできなかったものであるが、 


 絶大な機会の今、かつ、効率が良いので、公開を決めたものである。


 これは、簡単ではありますが、『あ!っと、驚く』『目からうろこ』の投資方法です。

 ベテンランの方も、それが1~2個はあります。初心者の方は全部でしょう。


  2003年からの投資で数十億の利益をなしたBNF君の投資方法です。

  上昇相場でしか使えません。彼は、2006年には相場から手を引きました。


 
  期待して下さい。ぜひやってみて下さい。 非常に簡単ですが、『儲かればよいのです。』


 まず、50万円を用意して下さい。

  50万円で、先物ミニ約10枚買えます。10枚に10000円不足ですが。

 でも、安心して下さい。分散買いです。


 ★数十億の利益をなしたBNF君の投資方法を、先物で応用する『最高最良のトレード方法』



一般会員

売買の目安となる「先物売買オシレータ売買プログラム」を購入いただきます。


オシレータ(テクニカル的売買どころ)の目安となります。 

プログラム代 費用 ※※※※円 メールを下さい。安くはないですよ。


それに、『最高最良のトレード方法』のノウハウを、PDF教本としてお付けします。

先物売買オシレータプログラムを参考にして、週に一度程度、


 手動で発注をして下さい。


 自動発注はできません。


 BUY と SELL のサインが 時間的に表示されます。

  (下記の図のように)


先物売買オシレータプログラムは、その後もずっと使えます。

(証券会社が時価を配信しているかぎり。。一生?)


3ヶ月以上の 愛好会会員 割引します メールを下さい。


    予約受け付け開始




間に合いません。!!先物売買オシレータプログラムは、間に合いません。!!


 現在値 15120円 切りました。 11/18 17:00~


いい下げが来ています。先物売買オシレータプログラムは、付けようとしましたが、

間に合いません。!! 

完成には、まだまだかかります。



この間、絶好の拾い場が来ます。10数年に一度の拾い場です。


(このためテキストPDFだけ先に公開したいと思います。)

 
 先物売買オシレータプログラムによる適正押し目確認は、できませんが、 目安はメールします。

 教本としてだけは、先に頭に入れられます。

 これだけでBNF君の売買のやり方がわかります。

 あとで、先物売買オシレータプログラムを付けるとして、先に 教本だけ、

 それも電子図書にしようとしていましたが、もう間に合いません。

 PDFで書いた物を送ります。よければ、 先にそれだけ

 (先物売買オシレータプログラムは後日⇒2週間先ぐらい)  

 まず教本代として、※※※※円。よければ、よければです。メールを下さい。不要なら無視して下さい。

  
Re: 電子図書にしようと していましたが、もう間に合いません。>★数十億の利益をなしたBNF君の投資方法を、先物で応用する『最高最良のトレード方法』投稿者:きよしさん 2013年11月19日 12:20:17 No:2214
先物売買オシレータプログラム が 面倒で 不要なら、

  ↓ こういうパターンでもいいな。

         ↓ これを付録につけます。 115,000円分を進呈






Re: 電子図書にしようと していましたが、もう間に合いません。>★数十億の利益をなしたBNF君の投資方法を、先物で応用する『最高最良のトレード方法』投稿者:きよしさん 2013年11月19日 12:28:39 No:2216
ラジオ実況放送トレード シグナルメール 例



■11月18日 12:03 現在値 15240円 予想通り週明け弱くなっている。下値は15120円まで急落した。

 だが、本当の下げはリバの終わったこれからでは?だ。

 サインは、以下から変わっていない。 19日のバー爺の発言が予想されているのと、 為替OP の仕掛けで、明日かあさってまで弱含むのではないか?
 
 ↓ 金曜日

じつはまだ買い転換していません。月曜日寄付で買い転換するかもしれませんが、 ここからは掲示板投稿に不足を入れた部分です。


ダウ +85 ナス +13 SP500 +7.5 高値引けです。

しかし、月曜日寄付の飛びつき買いは注意です。

NY時間外 (CME)は、15330円 少し伸び悩んでいます。

月曜日は、下記為替チャートを見てもわかるように、、、



■11月18日 12:03 現在値 15240円 予想通り週明け弱くなっている。下値は15120円まで急落した。

 だが、本当の下げはリバの終わったこれからでは?だ。



●11月19日 12:10 現在値 15060円  9:00 に 売り転換。 正確には9:50。

  下値 15020円ですねえ。

  寄付で、GD (ギャップダウン)ですねえ。  やはり。

 さて、金曜日から書いている 予定コースに入っているね。



↓ 下記の図はなんでしょうか?



system201404.jpg 

 お問い合わせはコチラ








テーマ:システムトレード - ジャンル:株式・投資・マネー

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 ぼくの簡易相場観・みんなが10億円以上の年金を作る株式愛好会・リアルタイム先物ラジオ実況放送、システムトレードのサイン、MP=マーケットプロファイルやMACD、一目均衡表などの解説も。 all rights reserved.
Powered by FC2 blog.
Template by F.Koshiba.
image by 小動物の集まる小屋.

相互リンク
今日のトレード成績
(毎日・前/後場更新)
米国型・無人売買システム
- 広告 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。